大家業の現状

個人のプライバシーを大切にする賃借人が多くなりましたので、ビジネスライクな大家業の方が気楽でいいと言う人が少なくありません。ただし、大家と賃借人との間だけでなく、人間関係全般が希薄になってしまったため、賃借人が借りている部屋の中で人知れず孤独死してしまったり自殺してしまったりするケースが増えました。そのような事件が起こった部屋の清掃を特殊清掃と言います。以前は、普通のハウスクリーニング業者が依頼に応じて特殊清掃業務を行っていましたが、最近では遺品整理業者が特殊清掃サービスを提供するケースが増えてきました。特殊清掃を依頼したい場合は、遺品整理業者に相談してみるのがおすすめです。

ゼロ金利状態が長く続いている影響で、銀行にお金を預けておいたとしても、雀の涙ほどの金利しかつきません。その一方で急激なインフレが進んでいますので、単純に銀行にお金を預けておいたのでは財産が目減りしてしまうようになりました。その結果、老後の生活費を確保する目的などで大家業を始める人がグッと増えました。しかし、同じようなことを考える人がたくさんいるため、大家業で儲けるのはなかなか大変です。孤独死や自殺死が発生した場合、すぐに室内をキレイにすることができないと、他の入居者もドンドン退去してしまうおそれがあります。結果的に借り手が誰もつかないような物件になってしまう可能性がありますので、一刻も早く室内を元通りの状態に戻す必要があります。そんな時に重宝することができるのが、遺品整理業者が提供する特殊清掃サービスです。室内の消臭や清掃だけでなく、残されていた遺品の整理作業まで全部まとめて頼むことができるため、短期間で部屋の片付けを終わらせることができます。